忍者ブログ
かんじるままに ありのままに。
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

天気のいい日

君を誘ってベランダに出た

いい年にもなって買ってみたしゃぼん玉

君の前で、子供のように封を開け
ふたを取り
まるで君に自慢するように、しゃぼん玉をそっと吹いてみた

風があったから?
君が喜んだから?

しゃぼん玉はふわりと中をまって、君の周りに集まった
君が手を伸ばすときえて、嬉しそうな顔をするから
僕はしゃぼん玉をつづけたよ

家にはいるしゃぼん玉
中をまうしゃぼん玉

君に挨拶をして、君が好きだと僕の気持ちを伝えるように
君に集まるしゃぼん玉に僕はちょっと嫉妬した

いつまで覚えていてくれるかな
君といっしょに遊んだしゃぼん玉

君がしゃぼん玉をふいてくれていたのなら
その玉は僕のまわりにあつまったのかな

今日の空を見て、なんだか答えが知りたくなった

また今度しゃぼん玉しようかな
君と一緒に

PR
淡い色。

あまり目立たない。
それ自体一緒にしても綺麗に見えない。

やっぱり濃い方が目立って
淡い色は一体何のためにあるのかって思う。

淡いという自分を責めた。
認めてもらうことも、存在の意義も
大して主張できない自分自身を。

そんなある日
濃い色に言われたんだ。

自分は淡い色がうらやましい。
濃い色だけじゃ、どれも主張が強すぎて、見ていてただしんどい。
濃い色は好き嫌いが激しすぎる。

淡い色だって
好き嫌いが無い訳じゃない。
自分だって濃い色がうらやましい。
誰からも存在を解って貰えるじゃないか。そう、濃い色に言うと

濃い色は続ける。
目立つことは簡単だ。
でも、相手を引き立たせる事ってなかなかできないことなんだ。
淡い色があるから、濃い色と良い世界を作ることが出来る。
淡い色があるから、濃い色が目立つところに立っていられる。
濃いだけの色は主張の強い色だけでしかない。

自分たちが好いてもらえるのは、君たちのお陰なんだ。

一番憧れていた者達に
初めて言われた言葉。

なんだか少しだけ自分が誇れる気がした。
そして、自分がこの世界に居て良いといわれた気がした。

自分は淡い色で居たい。

自分を必要としてくれる濃い色の為に。
自分が出来る精一杯のことをしたいと思ったから。

自分たちだけに光りさす日が来ても
濃い色との世界を大切にしようと、僕はここに刻み続ける。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
杞沙
年齢:
35
性別:
女性
誕生日:
1982/08/12
職業:
プチライターな主婦。
趣味:
いろいろな話を聞くこと。
自己紹介:
感じたことを思うままに
ありのままで書く場所があればいいなとおもって
作りました。
たまに読んで貰えると幸いです。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(10/12)
(10/13)
(10/22)
(10/22)
(12/01)
P R
アクセス解析

Copyright (c)sensation -色彩- All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]